2008年07月23日

K18も作ってみた。

雨の日の蝶にルビー

新作の「雨の日の蝶」のネックレスですが

自分用にK18で作ってみました。

ピンセットで当てて具合を見ているのは「ルビー」


もちろん、シルバーのそれもできました。

今、プライシングを考えていますが

いやはや。。。。大変です。工賃に真っ青。

蝋付け箇所・・・正確に数えたら75箇所ありました。

価格を下げる傾向のあるシルバーアクセサリーでは

考えられない、手間ひまのかかる細工でした。




雨の日の蝶にルビー2


K18の色味は、ロジウムをかけたシルバーよりやさしくて

日本人の肌の色に合います。

工房が「どこかに石を入れたらいいのじゃない?」と提案。

なので試しに、ルビーを置いてみました。

ポチッと赤い色があるだけで、印象は、ちと違ってきます。


雨の日の蝶にペリドット&ダイヤモンド


ダイヤモンドジュエラーの工房主人が

「SIクラスぐらいの、安くは無いけどバカ高くも無いダイヤモンドを

つけてみたらどうだろう」と一言。


なかなかいいですね。

どうせ石を付けるなら、ダイヤモンドはある程度のクオリティは欲しい。

そういう、レア感をたっぷりと湛える販売はありです。

価格帯は、

K18の総量10グラムを軽く越えることと、ダイヤモンドの価格を考えると

30万円台でしょうか。(価格、これでも抑え気味です)

当然1点モノ。

クオリティのある石を、た〜だ、ペンダントにしただけじゃない

装うジュエリーにしたいところです。



その場合、レインドロップにダイヤを載せるのではなく

ペアシェイプのダイヤに合う枠を別に作った方が良く輝くのかも。

金の色と相性のいいペリドットもステキ。


どのレインドロップを石に変えるかは自由に選べるようにしたり、

全部のレインドロップを

カジュアルなジェムストーン(ペリとか、アメジストとか)に変えてみたり

いろいろアレンジはできそうです。

ちなみに、K18石なしの「雨の日の蝶」は12万円です。

どちらも、カートだけは設置するつもりですが

在庫はおかず、注文を受けてから制作に入るスタイルにしたいと思います。
(その方が、様々なカスタマイズに対応できるので・・・)

興味があれば、こっそりご連絡ください。



↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は7月24日木曜日。


calico-gem



シルバーの販売開始は来週後半(目標)8月1日金曜日です。

諸事情により延期になる可能性はありますが

できるかぎり8月1日に販売を開始したいと思います。
posted by calico at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 新作! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

キャリコジェムというお店 by calico-gemさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー

↑再生ボタンを押すとキャリコジェムのCMが観れるよ。
ボリュームは最小になっているので、
音を聞きたい場合はボリュームあげてください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。