2008年11月11日

金看板

金看板4


今、喜多方蔵見世で、来年の2月28日まで

明治時代から昭和30年代までの約70枚を展示しています。

江戸時代から会津では2本の指に入る薬問屋と言われた喜多方の冠木薬局さんの蔵に眠っていたものです。

金看板は、それ相当の売り上げ成績のいい問屋に

製薬会社が制作して贈る物。

木の看板に漆を塗り、金で蒔絵したりして、

それはそれは豪華です。

内看板と外看板があり

外看板は縦長で大きく、内看板はコンパクトで豪華な作り。

中には螺鈿を施したものまであるのです。

金看板2

金看板3



展示は来年の2月28日まで

場所は蔵見世2階

金看板ポスター
posted by calico at 23:57| Comment(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

キャリコジェムというお店 by calico-gemさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー

↑再生ボタンを押すとキャリコジェムのCMが観れるよ。
ボリュームは最小になっているので、
音を聞きたい場合はボリュームあげてください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。