2008年09月06日

夏のTARO CAFE

先日、TARO CAFEに行ってきました。

TARO CAFEは3回目です。

この間、行ったときには春だったから

デザートメニューにイチゴと名残のりんごがありましたが

今は、夏真っ最中なメニュー・・・・


フレッシュグレープフルーツのタルト

私は、グレープフルーツのタルトを頼み

チーズケーキ

一緒に行った友達はチーズケーキを頼みました。

タルト台ピスタチオ

グレープフルーツのタルトは、

フレッシュなグレープフルーツの下に、果肉を混ぜた甘酸っぱいっクリームを隠して

台のビスケットは、ピスタチオの生地。

香ばしくて、さわやかなクリームとよく合いました。


こうやってその季節、採れる果物に合わせて

ガラッとメニューが様変わりするので

季節ごとに何回も行きたくなるカフェですよ。。。。


↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は9月11日木曜日。


calico-gem
posted by calico at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

友達は美女がいい。

会津のSNSがきっかけで友達になった子と

昨日デートしてきました。

デートったって、相手は

お尻までサラッサラの黒髪を垂らすスレンダーな美女なんですが。




私・・・・

高校の頃からいつも思いますが

友達にするなら「かわいい子」「美人の子」

たとえ、自分が引き立て役になってしまったとしても

やっぱ、友達は「かわいい子」「美人の子」がいいです。

じゃなかったら、「ずば抜けた要素を持つ子」

男の子も共通ですが、ずば抜けた要素を持つ子がいい。


うぉ!何?それ!面白い!!


がある子なら、少々、顔や体系、服装に難があろうが

ま〜ったく気にならない!

多少の性格の難も、許す場合もあり。。。

(でも、清潔なのは大前提ですが)



この話は長くなりそうなので、ほどほどにしときますが

とにかく、スレンダーな彼女を迎えに行って

現れた華のある姿に・・・・ほほぉ・・・と感心。



きれいな子達と付き合う安心感っていうのは

本人も気がつかない自己肯定が土台になっているのかもしれません。

「ずば抜けた要素を持つ子」たちにも、どっしりとした自己肯定があり

そこから湧き上がる、明るさ、快活さ、朗らかさに・・・

コミュニケーションがストレートに伝わる安心感を感じますです。




一緒にいて、楽〜・・・・。






↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は9月4日木曜日。


calico-gem
ラベル:友達 自分のこと
posted by calico at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

誰も知らないケーキ屋

知り合いに教えてもらって発見した

誰も知らない「ケーキ屋さん」

秘密のケーキ屋3


野口英世青春通りの陶器屋さんとビルの間の

ここは駐車場???っていうところを入って

そのビルの裏側に回り込むと

発見!


秘密のケーキ屋1

うそ!

ここって、このビルの勝手口?

というようなところで営業しています。

秘密のケーキ屋2

その日は、どうやら「売り切れ」な模様・・・。

誰も知らないのに、・・・・知ってる人は知ってる??

なので、何も買えずに退散。

たまにシュークリームを作るらしいです。

言えばとっておいてくれるらしいので、

次回、チャレンジ。



食べないうちには、名前も詳しい場所も出すわけにはいかんでしょう。

というわけで・・・そのうち、またここで紹介したいと思います。




↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は9月4日木曜日。


calico-gem
ラベル:会津若松
posted by calico at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

蕎麦と会津の秋

祥店舗


昨日は、ちとお仕事の話をしましょうと言うことになり

その前に一緒に腹ごしらえを・・・。

大町通りにできた「祥(しょう)」と言う店に行きました。

予想外に店内は広いです。

早い時間だったので、その広い店内に観光客のグループがふたつ、みっつ。

蒸し暑かったし・・・野菜も食べたかったのでサラダの蕎麦を。

でも、頼んで失敗しました。


祥サラダ蕎麦


不味かったんじゃないですよ。

すごく美味しかったのです。

なにより蕎麦が良かった。

このせっかく美味しい蕎麦は

サラダではなくザルでいただきたかった。


うむ、注文ミスです。

サラダの蕎麦は、ザルを堪能してからの次の蕎麦でした。



その後、PRONTOで、しばしミーティング。

様々な人が思い思いに寛ぐカフェにいて

やっぱカフェはいいなぁって思います。



いつか・・・カフェを持ちたい。


秋空




神明通り・・・その裏通りをしばらくウロウロ(この通りは野口英世青春通り)

見上げると空は・・・もう秋ではありませんか?




そしてもうひとつ、会津の秋。

会津高の仮装行列



今週末、会津高校で学園祭があるらしいです。

その前夜祭の仮装行列は、私が小学生の頃にはもうありました。

これも、会津の秋の始まりを知らせる徴。





↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は9月4日木曜日。


calico-gem
posted by calico at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

原田の水飴

どうも・・・・親というのは

子供の好みには関知しないらしく

「お前、これ好きだろ?」

とあまり食べないものをよこすのです・・・。

盆にちょこっと実家に帰って、帰り際にこれを手渡されました。

いや、考えてみればいつもこれを手渡されるような気が・・・・・。


原田の水飴2


不味いってわけでもないのですが

最高に美味い!・・・・・ってわけでもないです。

うむ、まあ・・・水飴の味ですよ。


原田の水飴1

砂糖を煮詰めた無色透明のあれではなく

芋か・・それとも穀類か?

そういうものを煮詰めた素朴な味です。


もちろん、そのまま食べるのが本来の食べ方なんでしょうが

食べると・・・甘くて・・・最後には飽きるので

(うむ、悪口じゃないっすよ。最初「素朴で美味しい」と言ってたって
 飽きるでしょう? どんなに美味いってったって水飴です水飴)
(ま、さほど甘いもんに食指が動かない私だからかもですが・・・)

最後は、甘味料として煮物に使います。

だんだん、会津の畑にでき始めたかぼちゃ・・・・。

そのかぼちゃの甘辛の煮物に使ったら

上出来!でした・・・・。

本当は、こういう煮物みたいなのに甘みを足すのが

本来の有り様なんでしょうか?



うむうううう・・・・・。


料理はですね・・・作りますが、得意ってわけじゃないです。

嫌いってわけでもないけど

料理より好きなことはたくさんあるので

「キャリコさんは料理好きなんですね?」「なんでしょう?」

とか言われると、面食らいます。


なのでね・・・・、ま、美味しいけど

もらうなら別のものがいいよなぁ・・・・。



↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は8月21日木曜日。


calico-gem



実家には、盆正月に限らず、月1くらいで顔を出すのですが

また・・・・・水飴かも。

「お前、これ好きだろう。買っておいたよ」



違う!


 
posted by calico at 13:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

sicon(士魂)という地域SNS

15日の晩は、籠太に集まって、呑みました。

いろいろ、面白い指向があったのだったのですが、

ま、それは置いときまして。


その集まりは、siconと言う地域SNSの籠太コミュニティの暑気払いでした。



http://sicon.jp/
(興味があれば誰かに招待してもらってね)



SNSといえば、mixiってもんがありますよね。

私はかなり早い時期からmixiにも入っていますが

私の場合、今ではそこで誰かに新たに出会うということは、

皆無で(滞在時間も短いので)

mixiは、リアルで初めて会った人との連絡用になりつつあります。





逆に、私が、より自分の考えとか特色を(かなり吟味して)出す場が

地域SNSです。

地域SNSは、実際のその地域とリアルに太く結びついていて

日記だけの付き合い・・・なんてことは少ないです。



地域イベント→地域SNS→メンバーの参加→地域SNSへのフィードバック→次のイベント・・・・・

そんな具合でしょうか?


会津や福島県にはいろいろ地域SNSがありますが

siconはちょっと異彩を放っています。

構成メンバーの年齢層は・・・・

20歳前後の会津大学生と、30代後半から50代の中年と2極構造。

さらに、中年のおじさんおばさんは経営者がかなり多い。



んんん、しかし・・・何を持ってsiconがすごいといえば

やっぱり「実現力」? なのかなぁ・・・・。





mixiは巨大すぎて、要素をいくら入れても拡散されてしまい

味を感じなくなってしまいましたが

siconには、かっこたる味がある。



ただし、その味が

どの人にもウケるかといえば、そうとも限らないですが

少なくとも私には合ってます。


↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は8月21日木曜日。


calico-gem


右側のサイドバーに、お友達リンクの欄があると思いますが

その欄に載っているサイトは

すべてsiconメンバーのサイトです。

まあ、見事に粒揃いですよ。
ラベル:友達
posted by calico at 08:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

黄金率のアイスクリーム

会津美里町のくるみの樹で、

カレーとピザを食べた話は書きましたが

今日はそのあとのデザート・・・。

「見る間に融けるはかなさが・・・なんとも」とは一緒に行った友人の談。

その、はかない一匙を口に運ぶと、甘さと乳のうまみが口に広がって

で、すーーーっと消える。


確かに、黄金率のアイスクリームでありました。






↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は8月21日木曜日。


calico-gem


今夜は、また籠太で呑みます。

これも面白い催しがありましてね。。。

その話は、また、後日。
posted by calico at 07:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

会津美里 くるみの樹

「くるみの樹」は、会津美里町の街中を抜け・・・

博士峠の方へ宮川の上流の集落の普通の農家でやっているお店です。

中は、農家をそのまま活かし、居心地のいい板の間です。






まず、こだわりのエビカレーを食べました。







そして、この店の象徴ともいえる石窯を覗き

ちょうど焼き上がった「ごぼうシラス」のピザを次にいただきました。

ごぼうは秀逸な野菜です。

煮てもコクが出て、焼いても揚げても香ばしい。

生地は、麦の味が濃く感じられ・・・

「今まで食べたのは何?!」です。


そう、今まで食べてたのはナニだったんです。


そして・・・マルガリータ。


このマルガリータはお土産に持って帰り

家族にも食べさせようと、台所においておいて

夕方見たら・・・

がっかり・・・半分になっていました。





calico-gem


ここんちはデザートも激ウマです。

それは明日以降、動画で紹介します。
posted by calico at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

ハンバーグ

前々から噂を聞いていきたかったこのお店

河東のハンバーグ1

ガー・・・


河東のハンバーグ2

ガー・・・

河東のハンバーグ3

ガー・・・・・至福〜・・・・・。

少々酸味のある、デミグラの味。食べたこと無い味。

そう考えると、レトルト袋産とか、缶詰産のデミグラスソースは

意外に多かったのですね。

しかし、これはそうじゃない。実に・・・美味い〜ぃ。



知り合いに聞いてみたら、

けっこう行ってる人が多くて「しらすわっぱ」や「カレー」も美味いらしいです。

特にカレーは、荒引き粒々な香辛料がたっぷり入ったスパイシーなものらしく

話を聞くだけでもう一度行かねば。。。。の気持ちになります。


↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は8月7日木曜日。


calico-gem


場所は河東、「バーデンバーデン」の隣の店

名前は「たか膳」

名前のとおり・・・お代はちと高め。


余談ですが・・・・・


息子曰く

「ネイティブの人のハンバーガーの発音・・・・・

 めっちゃ美味そう〜・・・・」 ニコニコ・・・・・

 バ〜ガァ〜・・・


でも、息子・・・これハンバーグ。
ラベル:お昼ご飯 たか膳
posted by calico at 12:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

会津伝統産業:醸造と会津漆器

昨日に引き続き、7/26に行われた「会津伝統産業まるっと体験塾」の続き。

iモード味噌

味噌は、日本のどの地域でも

大昔から、各地域ごと、各家庭ごとにつくられていたでしょう。

会津盆地は、特に夏の高温多湿、冬の厳寒な気候のお陰で

味噌などの発酵食品は作りやすい環境だと言えます。

それが、保科正之公が、信州より最上を経て連れてきた信州味噌の作り手が

会津に信州系の味噌をもたらします。

信州味噌、仙台味噌、会津味噌・・・似た傾向の味噌です。

今年5月、「会津味噌」は「地域ブランド」として

特許庁の商標登録を受けました。

地域ブランドの登録としては県内では南郷トマト、土湯温泉に続いて3番目、

味噌では全国で6番目です。

ちなみに「喜多方ラーメン」は地域ブランドとしての登録がされていません。

あまりにも、有名になり浸透しすぎ・・・と言う理由。(えー!変じゃん?

醤油はともかく、味噌はそれ以外の使い道が限定される食品です。

しかも、大豆の価格の高騰をもろに受け、作り続けるのは大変。

でも、これは、会津そのものの味ではないでしょうか?

大変だからといってやめてしまっては、

味噌を頼りにするたくさんの料理が消えてなくなると言うことです。

これは、会津に限らずどこでも同じだと思います。

少々高くても、地元産の味噌を食べましょう。

使い続けることで、私たちは

地元の文化の一つを守っていることになるんだと思うのです。





iモード漆器


会津漆器1

最近は、外国からの観光客も多いみたいですね。


最後に回った会津漆器。

考えてみたら、中学のときにも、作業の見学をしたような気がします。




こんな感じで、木胎の木地に下地から塗り、蒔絵まで

一環してみることができる鈴武さんの工場です。


会津漆器2

私たちもこのように、実際に蒔絵を体験してみました。



漆器の技術は、蒲生氏郷公が前任地から木地師や塗り師をつれてきたことで

当時の漆の最先端の技術が会津に根付きます。

そして、保科正之公が、漆の樹の育成に力をいれ、

交易も充実させ、漆器の最盛期がその時代に来ます。


会津といえば、

誰もが幕末の話、戊辰戦争を思い浮かべるかもしれませんが

その時代はほんの数十年の話で

それよりも分厚い、しかも力強く豊かな歴史が

会津にはあるのです。

もう、戊辰はおいておいて、

戊辰ではない別の時代の会津を掘り起こす時期に来ているのではないでしょうか?

私たちの土地は、哀しい歴史の土地ではない。

土地が肥え、水に恵まれ、驚くほど早くから稲作がはじまり

豊かで力強く、文化レベルが古代からかなり高く

したたかに交易をし、軍事的にも重要拠点で

中央も侮ることができなかった一大勢力

それが「会津」です。



まさか、会津好きの皆さんが「戊辰だけが会津」みたいな

そんな薄い理解はしないと思いますが

もしそうなら、地元会津人としては、やるせないですね。


↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は7月31日木曜日。


calico-gem
posted by calico at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

会津伝統産業:本郷焼

昨日に引き続き、7/26に行われた「会津伝統産業まるっと体験塾」の続き。

今日は、本郷焼。

流紋焼さんを工場見学。

この工場は、碍子(がいし)では有名な会社なのです。

本郷焼自体も、もともとは瓦のような工業資材というか、建築資材から始まっていて

蒲生氏郷公が若松城(鶴ヶ城)と城下町整備のために

播磨の国(兵庫県)から瓦工を呼んで屋根瓦の生産をさせたことが始まりと言われています。

陶器はそれよりも後、保科正之公が、瀬戸出身の陶工、水野源左衛門を招いて

瓦と一緒に陶器の生産もさせたことが始まりです。



そして、もう一つの本郷焼の特色である磁器の生産はその約150年後

佐藤伊兵衛が磁器の技術を各地で習得し会津に持ち帰ったことで

本郷の磁器生産が始まります。


というわけで・・・・会津本郷焼は

陶器と磁器が共存する、東北でも最古の歴史を持つ焼き物産地になりました。

面白いのは、18件(16件とも17件ともいわれて総数不明)ある窯元の

どの焼き物も似たものがなく・・・・

とてもバラエティに富んだ産地と言えます。






そして、けっこう会津の子供なら

誰でも1度はやったことがある「本郷焼の手びねりや絵付け」のうち

手びねりを、童心に戻って体験してきました。

本郷焼粘土1

まずこのくらいの粘土。大きさで言うと湯のみぐらい?


本郷焼粘土2

私の場合、それを細長めの皿にしようと思ったので

楕円形に丸めました。


本郷焼粘土3

それを麺棒(パイプ代用)で平たく伸ばします。


本郷焼粘土4

ちょこっと、両端を切って形を整えます。


本郷焼粘土5

私の場合、模様の型をポンポンと押して

両端をくるりん・・・秋刀魚皿のイメージ。



本郷焼粘土6

デザイナーの友人のは、こんな感じ。

会社のデスクに置くネームプレートを作った友人もいたし

ビアカップを作ろうとエスカレートして

結局、一輪挿しになった人もいたんですが・・・

けっこう、盛り上がって愉しかったです。





このできたものを、後で乾かして

流紋焼特有の紺色の釉薬をかけて焼いてくれるのですが

仕上がりが楽しみです。


↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は7月31日木曜日。


calico-gem
posted by calico at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

会津伝統産業:酒造

昨日に引き続き、7/26に行われた「会津伝統産業まるっと体験塾」の続き。

今日は、酒造です。

 古代から米作りが盛んで、良い水に恵まれた会津。

 400年前、その会津に蒲生氏郷公(がもううじさと)が

 近江から杜氏を呼び寄せ、

 会津の酒造の歴史が始まったといわれています。

 その当時は、各集落の社に奉納するお神酒を造る家が、

 会津中に無数に点在していたようです。

 それが天明の大飢饉の際に再登用された家老、

 田中玄宰(たなかはるなか)の会津藩の財政改革の一つとして、

 酒造業が奨励され、小さな蔵元を集め、

 ある程度の生産量をもつ蔵元にまとめて、

 そこから更に会津の酒造業が栄えます。

 江戸時代には様々な方法が試され、今に至るのですが、

 機械化が進んだ現在でさえ、酒を作る方法自体は当時と変わらず、

 江戸時代に樽の中で作られた酒も、

 工場でタンクの中で作られる酒も、ほぼ同じ方法で作られています。



以上の文章は、イベント時に手渡された栞からの引用なのですが

この文章、実は、私が書いたんですよね・・・・。

なので、(あとで了解とりますが)まるまる載せても問題ないでしょう。


末廣嘉永蔵_タンク

わりかし、嘉永蔵は、よく訪れる場所です。

酒呑みの聖地といいますか・・・好きな場所なんですよ。

嘉永蔵で作られている酒は、純米、大吟醸クラスばかりで

そのすべては市販されず、嘉永蔵の売店のみで販売されます。


末廣嘉永蔵_参加者

参加者が少ないのじゃなかろうか・・・と心配しましたが

けっこう集まりました。若い人が多くて

JC君たちの狙い通りだったのではないでしょうか(ある意味、成功)


末廣嘉永蔵_泉

この水で末廣の酒が作られています。

この嘉永蔵の水は軟水。

会津美里にある博士蔵の水は硬水。

ちなみに、吟醸籠太は博士蔵の硬水で作られています。

明日は、本郷焼の体験を書きますね。


↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は7月31日木曜日。


calico-gem
posted by calico at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

会津伝統産業:会津木綿

昨日は、朝から会津大学に集合して

かねがね準備してきた「会津伝統産業まるっと体験塾」の当日。

あいにくの雨の中、けっこう集まりましたよ。。。。


あまりにも盛りだくさんの内容だったので

小分けにして画像や動画を紹介します。

今日の分は会津木綿から。


会津木綿5

お馴染みの色の配色。

美しい〜・・・・。




会津木綿4

80年前の旧式の豊田式機織機がズラーーー。

でも、そのすべての織り機を2台の動力で動かしている。

いわば、工場全体が織物機械ってこと。


会津木綿3

この配色の会津木綿も良く見ますよね。



会津木綿2

金属の塊・・・・・うっとり。

とてもシンプルな機械なので、磨耗する箇所は決まっていて

部品を作るのも簡単。街の鉄工所でトンカンやって作れます。

実はずーーーっと使い続けられる機械なんです。

織物工業の発達は、それを支える町工場の発達。

織物が盛んなところに、自動車工業が栄えるのは

町工場の技術が、下地にあるから。

会津木綿1

「豊田式」の文字が見えます。


↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は7月31日木曜日。


calico-gem
posted by calico at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

会津木綿の現場




先日、イベント「会津の伝統産業まるっと体験塾」の準備のために

山田木綿織元さんへ取材に行きました。

80年前の豊田式織機が今も現役で活躍しています。

様々な色の糸を巻いたボビンが激しく動き意図を繰り出し

様々なバリエーションの縦縞の布地を作っていきます。

ある種、感動しました。

こんな、コアまで入り込むチャンスはないかもです。

山田織本さん染色糸干風景.jpg

山田織本さん工場風景.jpg

他、末廣さん、流紋焼さん等にも・・・・・・

末廣酒造さん嘉永蔵.jpg

末広嘉永蔵


流紋焼さん外観.jpg


流紋焼外観


林合名さん外観.jpg


イゲタ味噌醤油の林合名さん



 ■日時 7月26日(土) 8:00〜
 ■集合場所 会津大学駐車場
 ■内容 バスにて移動します♪
       ○味噌・しょうゆ工場見学
       ○会津もめん工場見学
       ○地酒工場見学  
       ○蒔絵体験
       ○焼き物体験
 ■費用 3,000円(お昼ご飯含む)

ご連絡は、会津青年会議所http://www.aizujc.or.jp/まで

締め切りは7/22(あまり時間がありませんので、思い立ったらお早めに)


↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は7月24日木曜日。


calico-gem
posted by calico at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

動画:会津漆器蒔絵体験

先月・・・・・小学校の学年行事で、蒔絵を体験しました。

会津の漆器業界では一流の「新生会」の方々が来てくださって

丁寧に教えていただきました。






漆の作家をしている友人に聞いたら

「私なんか思わず拝んじゃうような、すごい先生ばっかり!」

とのこと。


その拝んじゃうようなエライ先生方が

会津漆器の理解と後継者育成のために

こういう地道な活動をしていらっしゃるんだなぁ・・・・

頭が下がります。。。。




↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は7月3日木曜日。


calico-gem



しかし・・・暑い。

日本酒呑みの私も、夕べは思わずビール。


posted by calico at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

第4回磐梯高原・猪苗代ウルトラマラソン

東京在住の・・・会津の地域SNSの友達が

今日のウルトラマラソンに参加してまして

まさに、今、走っているところです。

ウルトラマラソンというのは、

裏磐梯と猪苗代湖周辺を100キロ走るマラソンです。


第4回磐梯高原・猪苗代ウルトラマラソン


小さな地域のレースなら、

一番長く走っても、フルマラソン42.195キロ

平行して10キロとか3キロとか行われるのでしょうが、

この「磐梯高原・猪苗代ウルトラマラソン」は一番短いレースがフルマラソンです。

続いて62キロ、そして一番長いレースが100キロです。

友達はその100キロにエントリーしています。



猪苗代町の総合体育館カメリーナを朝の4時にスタートし

裏磐梯の方にググッと登り、五色沼桧原湖をかすめ

ゴールドラインからアルツを抜け、猪苗代湖翁島まで降りてくるんです。


・・・・・そこで終わりじゃないのですよ。


そこから・・・・・猪苗代湖を一周するのです。

日本で、4番目に大きい湖の周りを1周ですよ。。。。。


コースはこんな感じ。



先月、別のレースで会津入りした彼の

バイクでコースを回っての感想は「ツーリングでさえ大変・・・・」

私はこのような過酷なレースの参加ボタンを押しただけで、

彼の勇気をすごいと思います。



スタートは今朝の4時。

6時の時点で「五色沼通過」とメールをくれましたが

果たして・・今、彼はどこを走っているのでしょう。




↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は7月10日木曜日。


calico-gem




今夜、仲間内で「お疲れ様会」をいつもの場所で設定しているのですが

怪我も故障もなく無事にたどり着くことを祈ってます。

おそらく、疲労困憊して、お酒どころではないはず。

大丈夫、みなで介抱しますから「さすけね」
ラベル:イベント 友達
posted by calico at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

会津居酒屋 籠太 スタッフ募集

本当は我が家のように入り浸りたい「居酒屋 籠太」

日本の居酒屋100選にも選ばれた名店です。

私は・・・同居で嫁しているものですから

なかなか夜に出歩くことができず行けないのですが

ここ最近、入り口のところに貼紙が・・・・

「フロアスタッフ募集 居酒屋籠太」

それが・・・時間をおいていくたびにいつも貼ってあるんです。


籠太のフロアスタッフと言えば

愛想のいい姐さんと愛想の悪い姐さんでタッグを組んでやってはず・・・。

愛想の悪い姐さんを「ぶーぶー」言う声は聞いていましたが

私は、・・・・私はですよ・・

愛想のいい姐さんと悪い姐さんの2人がいてこそ・・・・

「籠太だよなぁ〜・・・・・」

と思っていたんです。

籠太のビール

思っていたんですが、

ついに味のある愛想のない姐さんが、身体を壊して辞めてしまい

愛想のいいSさんと、

いつもカウンターの中にいてフロアに慣れてない女将が2人でフロアをやっています。


親父殿・・・・

会津大学生のアルバイトを頼んでくるように女将から言われたのを放置。

女将さんは、まったくもーーー。


というわけで、これを読んでいる会津のパートアルバイトを探している皆様

籠太は、私が言うのもなんですが、客は上客。変なお客さんはいません。

居酒屋関係にしては決して待遇は悪くないはず。

18歳以上で、笑顔でテキパキ働ける方。(男性でもOK。会津大学生ならなおよし)

ぜひ、居酒屋籠太にアプローチを。

会津居酒屋 籠太

TEL:0242-32-5380(電話は午後4時過ぎから)

籠太の韮饅頭


↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は6月26日木曜日。


calico-gem


しかし・・・女将に「他にどこに求人をだしたの?」ときいたところ

「店の前だけだぁ・・」

と言う返事。

「それで誰か来ましたか?」ときいたところ

「誰も来ない」


・・・・・・・・


来ないと思うよ〜・・・そこにだけ貼ったとしても。。。。

うむううう。
posted by calico at 10:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

動画:会津美里町あやめまつり

お昼近くに伊佐須美神社前のあやめ園で行われている

あやめ祭りに行ってきました。

まあ、朝からいろいろな町民の発表の場になっていまして

このゆるゆるの雰囲気がなんともいえません。




あやめまつりは土日にかけてイベント満載(種飛ばし・・とか)

7月5日まで行われます。

あやめ




↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は6月26日木曜日。


calico-gem
posted by calico at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

あやめまつり

おとといの日曜日から来月の5日まで、

伊佐須美神社あやめ園であやめ祭りが行われています。

伊佐須美神社境内
平日は人もまばら。でも、大型のバスが来てたよ。



うちはごく近所なもんですから

散歩がてら境内を歩き回り

タコ焼きをお昼に買って帰ったりします。

土日はいろいろイベントがあるのですが

メインステージでやっている内容が分かるくらい

にぎやかな物音が聞こえてきます。


あやめ

肝心のあやめはね・・・

今は少ないです。どうも、まばらな感じが・・・

それに川っぺりは先月末にまとまって咲き終わってしまい

次咲く種類のはざまな感じです。

今週末?・・かなぁ〜・・・・


↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。
 次回配信は6月19日木曜日。


calico-gem
posted by calico at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

動画:会津三島工人まつり



朝に市内で待ち合わせをして

私のサイトの面倒を見てもらっているエンジニア系の若者(意外にも社長)と、

(近々、calico-gemはガラッと変わります)

その彼女(?)そして、娘の4人で三島に向かいました。

三島には、先にで出かけた仲良しと、その友人。

そして、今、会津のクラフトを追いかけて仕事をしている友達Sさんと合流。

Sさんの妹さんは会津塗の職人さんで

今回、工人まつりに出店しました。

私たちは、ちゃっかり彼女のブースの後ろにベースを張って

居心地良く過ごしました。




ぐるっと、何周か歩き回り、今年の様子を探ります。

去年の、お店もあったあった。




クラフトの傾向を、土、木、金、風(布)と考えると

木と風が大半で、たまに土・・・・

そして、私が好きな金属ものはあまり無かったなぁ〜・・・



どうも、クラフトの人たちというのは独特で・・・

(いや、商売人の私が独特なのかもしれないですが)

洗練から遠く離れていくようなベクトルを感じます。

「独創的」とも言えなくはないですが

「独創」に逃げるのは、

私は一番簡単な手段のような気がしてならないのです。


「洗練」には、技術の鍛錬と、発想の鍛錬が必要です。

日本人の手先の細かさ、心配りの細かさ、

日本人たる要素を凝縮したようなものこそ

それこそが「洗練」だと私は思います。




日本の職人であるなら「鍛錬」から逃げてはいけません。




その中で感動したのは

長野の喬木村から来た職人さん、下澤豊さんの「工人船工房」の竹籠、竹笊。

普通、スーパーで売っているような直径30センチぐらいの浅笊が6000円。

しかし、まったく違うんです。(当たり前だけど)

がっしりとして、目が動かず、縁も頼もしい。

そこには20年ちかく使い続けた笊も並べて置いてありましたが

多少、変色はしていましたがまるで昨日おろしたようにしっかりしていました。

6000円の価値はありますよ。

何より、手に持ったときの感動(喜びとでも言うか?)が、

まるで違う。

残念ながら、画像も動画もないし

箸を買いすぎて、持ち合わせも無く買ってもこれなかったのですが

(ガーーー無念。。。。)

連絡先だけ、ゲット。

そのうち、ここんちの浅いバスケットを注文しようと思っています。






んで、三島名物、会津地鶏。。。。

美味い!

これ、焼き鳥じゃなくて、丸鳥で切り分けて食べるのがいい!

いや、正直、大変ですよ、切り分けて食べるのは。

幸い、仲良しの友人が料理人だったからよかったけども。

でも、大変なだけありますよ。



ガーーーーもーーーー食べる喜びが違う!!!

原始人になってむしゃむしゃ喰う!

もーー幸せ〜・・・・!



↓キャリコのメルマガはまるでインデックス。
↓登録するとこのブログが更にたのしいかも。
http://www.infomag.jp/Site_1190.html
↑クリックすると最新配信の見本が見れます。


calico-gem
posted by calico at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

キャリコジェムというお店 by calico-gemさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー

↑再生ボタンを押すとキャリコジェムのCMが観れるよ。
ボリュームは最小になっているので、
音を聞きたい場合はボリュームあげてください。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。